インプラント治療をためらう原因

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても思いの外費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくる点も知っておく必要があります。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。
この治療はかなりの費用を要することは確かです。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。
インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。
こちらもおすすめ⇒ホワイトニング 効果 実感