歯の中に人工歯の土台を差し込む

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。
徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。
こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
こちらもおすすめ⇒歯のクリーニングなんて自宅では出来ない